FAXDMを業者に委託したい方へのプチ情報サイト

TOP > faxdmのプチ情報 > かき方が変わると効果も大きく変わる

かき方が変わると効果も大きく変わる

 手軽な広告方法としてFAXDMがあります。電話線は各家庭、事務所などに通じています。事務所にはFAXがセットされていることが多く、情報のやり取りができます。
 通常やり取りをするのは何らかの取引などがある会社同士になりますが、それ以外にも一方的に情報を送るケースもあります。広告を送りたい業者が情報を送り、その内容によっては送られた側が問い合わせをして商談が始まることもあります。
 郵便などによるDMよりもスピードが期待できる広告です。


 こちらのサイトは、FAXDMサービスを提供している会社の情報が比較できます。多くの業者があり、サービス内容も異なります。送信コスト自体はそれほど高くなくても、サービスに違いがあると効果も変わります。
 会社によっては、依頼者が作成した原稿をそのまま送るだけのサービスのところもあります。その分非常に安くなっています。依頼者側が作成能力が高いのであれば問題ありませんが、これまであまり効果が得られていないなら費用の無駄になっている可能性があります。送信をするとき、とにかく目的を決めないこともあればターゲットを絞ることもあります。
 業種を決めずに送信したり、業種を決めて行うこともあります。それぞれの業種では商習慣などがあるので、その商習慣に合えば興味を持ってもらえることがあります。
 原稿作りでは、効率を上げるならターゲットを絞り込む方法が有効になるでしょう。単に絞り込むだけでなく、ターゲットに合った内容にします。見てもらうだけでなく、反響も大きくなります。


 文面には絶対読んでもらいたい部分と、注目度をあげるための部分があります。これを同じように書いていては効果を得ることはできません。
 人は上から下に、左から右に読む癖があります。
 大事なことは左上に配置し、それを目立つようにしておきます。インパクトをあげようと右側に書いたり、下の方に書いたりしてしまうことがありますが、確実性を高めようとするなら一般的な方法を取ります。通常よりも文字サイズを大きく表示させます。出したい広告のキャッチコピーを考えると、注目度をアップできる可能性があります。
 ここでは細かいことは記載しません。一部でも無料の部分があるなら大きく無料と入れます。それによって受けた側は何が無料なのかが気になって読んでもらえます。虚偽の内容を書くことはできませんが、実際にそれを行っているなら小さいことでも大きく書くことが出来ます。お客さんに何を知ってもらいたいかを一言に集約し、目立つように書きます。

カテゴリー