FAXDMを業者に委託したい方へのプチ情報サイト

faxdmのサービスを利用しましょう

faxdmを利用される企業が増えています。職種・業種を問わず、faxdmの宣伝効果が高いことが多くの企業で認められ始めているということです。サービスの利用自体安いうえに、反響率も高く、宣伝効果は抜群です。

faxdmコンサルティングが展開するサービスは特に優れています。公式サイトにはサービスの詳しい内容や他社サービスとの違いに関して掲載されています。顧客企業それぞれに親身になって的確なサポートができますから、直接効果があると言われています。

マーケティング効果を上げることに関しては、こちらの業者は膨大なデータを保有しています。業界最安値のダイレクトメール配信サービスを行えるというだけではなく、企業コンサルティングの面でも大変重宝する企業といえるでしょう。詳しい料金体制に関しても、サイトに詳しく掲載されています。

ネクスウェイ

総合評価 ★★★★★
サービス内容 ★★★★
掲載情報量 ★★★★
使いやすさ ★★★★
満足度 ★★★★

ここ数年、グローバル化が急速に進行してきています。インターネットサービスの整備と普及が進んでいくと同時に、グローバル化・国際化が進行してきています。これからもグローバル化は進んでいきますし、その対応が多くの分野やシーンにおいて求められていくことでしょう。

この流れがもっとも速いのがビジネスシーンになります。大手企業のみならず中小企業や零細企業においても対応することが求められています。スピードアップや効率的な運営などがそれに当たります。そんなビジネスシーンにおいて宣伝活動からグローバル化への対応をサポートしてくれるのが、faxdmになります。反響率の高さなどから改めてその効果が見直されてきています。

そのためにfaxdmサービスを提供してくれる企業なども数多く存在しており、どこへ依頼すのがベストなのか迷ってしまうことでしょう。そこで活用したいのがfaxdmサービス会社を比較できるインターネットサイトになります。ネクスウェイをはじめとして、各社の特徴や評判などを比較することができますので、参考にすることで自社のビジネスプランに合ったサービスを探すことができることでしょう。

公式サイトはコチラ

L-net

総合評価 ★★★★
サービス内容 ★★★
掲載情報量 ★★★
使いやすさ ★★★★★
満足度 ★★★

L-netの評判の良さは、FAX機やパソコンから国内外にある複数の宛先へ同じ原稿を一斉にFAX送信できるサービスです。他拠点への業務連絡、新規顧客開拓、販売促進や集客などにおいて、スピーディでタイムリーな情報提供を行うことができます。

L-netは、一時間で最大5万件のFAX一斉送信が可能です。送ってもなかなか見てもらえない郵送DMに比べてFAXDMは、視読率が高いだけでなく1通当たりの郵送費を大幅に削減することができます。また、反響率が高いことも強みです。

配信管理では実用性の高い機能を備え、従来の業務の効率化を実現します。送信履歴だけでなく、ステータス表示、配信完了メール、再送信指示、送信時間設定などのオペレーションや詳細設定も可能です。検索機能や原稿ダウンロード、配信履歴の一括ダウンロードも装備しています。

公式サイトはコチラ

Urizo

総合評価 ★★★★
サービス内容 ★★★
掲載情報量 ★★★
使いやすさ ★★★★★
満足度 ★★★★

FAXDMを利用するとき、原稿だけでなく送信先の情報も提供することがあります。顧客の情報であったり、アンケートなどから収集したデータを利用します。取得した時の情報なので、それ以降変更が発生している可能性があります。

変更されていれば当然ながら送りたい会社に送ることが出来ません。また、旧来のナンバーを別の会社が使って煎れば、意図しない相手に送ってしまう可能性もあります。新しいFAX番号への変更する作業も大変でしょう。

Urizoは、FAXDMのサービスの他、いろいろな企業リストのサービスを行ってくれています。FAXDMの評判として、到達率が90パーセント以上になっています。最新の情報を使っているからで、その分反響率も高くなり、広告効果が得られやすくなります。

公式サイトはコチラ

FAXDMコンサルティング

総合評価 ★★★
サービス内容 ★★★★★
掲載情報量 ★★★
使いやすさ ★★★★★
満足度 ★★★★

FAXDMコンサルティングでは、実際にFAXDMを送った後の反響率の高さが評判を呼んでいる企業です。FAXDMは、ポイントを掴んでおかないとかえって企業にダメージを与えてしまう事が少なくありませんが、FAXDMコンサルティングでは、企業にプラスになる方法をアドバイスしています。

業界最安値の3円からサポートしており、業界最大級の1500件ものアドバイスを行っている、実績ある企業です。法人リストも業界最大といわれ、FAXDMに特化した方法を考え、誠実に対応している企業といわれています。

クレーム代行サービスをはじめとした、サポート体制もしっかりしている為、企業として広告の一環となるFAXDMを代行してもらいたいと考える企業が増えています。今後の営業体制をも見越した方法として、高く評価されてきているのは事実です。

公式サイトはコチラ

ネットリアル

総合評価 ★★★★
サービス内容 ★★★
掲載情報量 ★★★
使いやすさ ★★★★
満足度 ★★★

日本においては多くの環境や状況が変わってきていますが、ビジネスにおいてもいろいろな変化が生じてきています。とくにグローバル化が進行してきており、それに呼応するように様々な分野やシーンにおいて動きが表れてきています。

その中の大きな変化の一つとなってくるのが、ビジネスシーンにおけるインターネットサービスの活用になることでしょう。世界中でビジネス展開しているような大手企業から個人経営の中小・零細企業まで、インターネットサービスの活用は必要不可欠になってきています。とくにその効果が期待できるのが経費の節約、コストカット面です。

効率のいい宣伝活動としてfaxdmがありますが、それを依頼する企業などもインターネットの比較サイトでサービス内容や料金などを確認して、比較することができます。また実際に活用した企業などの評判や反響率なども掲載されていますので、非常に役立ちます。ネットリアルなど様々なサービス提供企業を比較できますので、活用を検討しているなら一度参照してみることをお勧めします。

公式サイトはコチラ

オフィスクリエイトFAXDM

総合評価 ★★★
サービス内容 ★★★★★
掲載情報量 ★★★
使いやすさ ★★★
満足度 ★★★★

広告やチラシを一から作ろうとするとかなり大変です。他の会社が作成しているものをまねて作ろうとすることがありますが、業種などが異なればあまり効果を得ることが出来ません。販売促進目的の他、セミナーの案内などもあります。

オフィスクリエイトFAXDM は、データを提供して送るサービスの他、インターネットから情報を提供して送ることが出来るなど他の業者にはないサービスがあります。その中でも評判が良いのが原稿テンプレートが用意されていることです。

目的ごとに原稿があり、そちらに必要事項を入力していくと簡単に原稿を作成することが出来ます。目的に応じているので反響率も高くなります。テンプレート自体に利用料金はかかりませんから、いろいろなタイプを自由に使うことが出来ます。

公式サイトはコチラ

faxdmで宣伝を強化するには

自社の製品やサービスを沢山売るために欠かせないのは宣伝です。宣伝は有名なものだとテレビのCMや新聞の広告、町中の看板、ポスター等が挙げられます。
その他にポスティングや飲食店などに置きチラシをする方法をとっている会社もあります。ですが中でも今注目を集めている宣伝方法はfaxdmです。これはfaxで直接宣伝したい人のところに広告を送る事が出来る便利な宣伝方法です。実際にfaxdmを代行して行ってくれる宣伝会社もあり、会社によって異なりますが数千件送って幾らというプランを各社が提案しています。
インターネット上のホームページで宣伝代行業者を探す事も出来るので、まずはどんな宣伝業者がいるのか幾つかピックアップをして、自分の宣伝したい件数や料金プランとマッチする会社を絞り込みましょう。あとは見積もりを出してもらい、依頼をして宣伝業者に宣伝を任せるだけというとても簡単な方法になります。


faxdm業者を選ぶ際のポイントとは

近年は、faxdm業者がいくつも登場してきています。大手と呼ばれるほどに圧倒的にシェアを占めているところはありませんから、選定時にはかなり迷うことになるはずです。料金もそう大きな差があるわけではないので、悩みやすいですね。料金は変わっても一円程度です。一枚3円から5円前後というレベルでいくつもの業者が並んでいるので、料金以外の点で選ぶ必要が出てくるわけです。
リストの膨大さで選ぶというのも一つの手ではありますね。何百万件もの膨大なリストを抱えている業者もあります。リストの数が多ければ多いほど、自分たちがターゲットにしたい企業が含まれている確率も高くなります。
また、大量送付をする際にもリストの膨大さは武器となります。その他には、雛形の質で決めるのもいいでしょう。また、口コミ情報を参考にするというのもありでしょう。選び方は色々あるので、後悔だけはしないように決めていきましょう。


faxdmのメリットとデメリットを知ろう

faxdmのメリットは、お手軽な点にあります。費用がほとんどかからないので、すぐに利用を開始できます。大量送付をしても、大きな費用負担が発生することがありません。微々たる費用で、数万通ものfaxを送付できるのは素晴らしいですね。
デメリットは、まずモノクロの広告しか作ることができない点にあります。faxでは色を使うことができないので、広告の種類が限られてきます。カラー広告を使いたい場合は、他の手法を探すしかありません。
企業に対してしかアピールができないのもデメリットに含まれますね。一般の家庭には送付することが基本できませんから、たとえばスーパーなどの広告を送付することは難しくなります。
デメリットはいくつかありますが、それらを吹き飛ばすぐらいにメリットが多いため、最近は利用する人が多くなってきています。

カテゴリー